MENU

過払い請求で全額取り戻したい場合は弁護士へ

過払い請求は利息制限法を超える金利で貸金業者からお金を借りていた場合に払い過ぎた利息分を取り戻せると言う特徴があります。利息制限法では借金額10万円未満の場合は年20%まで、10万円以上100万円未満の場合は年18%まで、100万円以上の場合は年15%までと定められています。もし過去にこの上限金利を超えてお金を借りていた場合は過払い請求を検討してみて下さい。過払い請求では貸金業者に取引履歴の開示請求を行います。開示請求されたらきちんと開示する義務があり貸金業者が断ることは出来ないです。取引履歴を元に利息制限法に基づいて再計算し計算書を作成します。過払いがありましたら計算書と過払い請求通知書を貸金業者に送付します。貸金業者と和解すれば早期に解決が出来ますが戻ってくる金額が減ってしまうことがあります。和解案に納得できない場合は訴訟を起こすと全額取り戻せるケースが多いです。しかし貸金業者との交渉や訴訟を起こすと言ったことは個人の方では中々難しいです。過払い請求は専門である福岡県にもある弁護士事務所へのご相談が何かと安心です。訴訟を起こす際に140万円を超える場合は司法書士では代理を行えないですが弁護士なら大丈夫です。その代わりに司法書士費用より弁護士費用が多めにかかります。過払い請求の訴訟でご本人が負けるケースは稀なので140万円を超える場合は最初から弁護士にご依頼した方が得策です。借入金額が多い方や取引期間が長い方ほど多くの過払い金が発生している可能性があります。過払い請求には10年の時効がありますのでお早めに福岡県にもある弁護士事務所に無料相談してみて下さい。

借金返済できない

更新履歴
  • (2016/02/05)3を更新しました
  • (2016/02/05)2を更新しました
  • (2016/02/05)1を更新しました